都をどりタイトル
  • はじめての都をどり
  • 第141回 都をどり
  • 祇園甲部歌舞練場
  • 都をどりの歴史

祇園甲部歌舞練場

明治6年、花見小路通西側にあった建仁寺塔頭清住院が歌舞練場として改造され、第2回都をどりから使用されました。
大正2年に現在の場所に移転し、昭和25年から3年間、修理のために四条南座で上演された以外、都をどりは毎年この歌舞練場で上演され続けています。

現在の歌舞練場

現在の歌舞練場
現在の歌舞練場
  • 旧歌舞練場
    明治6年から都をどりの開催場所であった旧歌舞練場
  • 座席表
    昭和5年当時の座席表
  • 祇園甲部歌舞練場新装舞台披露記念
    昭和28年4月3日 祇園甲部歌舞練場新装舞台披露記念
  • 大正2年3月
    大正2年3月  現在の歌舞練場竣工
  • 昭和28年
    昭和28年 歌舞練場の大改造完了
    (1階平場席を椅子席に、一部桟敷席)
  • 平成10年9月
    平成10年9月  1階椅子席改装
  • 平成13年8月
    平成13年8月  有形文化財 登録

祇園甲部歌舞練場の劇場内

舞台より劇場内を望む

祇園甲部歌舞練場の劇場内
舞 台 間 口 十間(18.1m)
奥 行 九間半(17.2m)
高 さ 十四尺(4.2m)
両花道 舞台幅 四尺(1.2m)
長さ 七間半(13.6m)
客 席 1階椅子席  580席/桟敷 60席
2階椅子席  116席/左右桟敷席 52席
3階長椅子席 100席
合計908席 (都をどり時848席)

八坂倶楽部

祇園情緒あふれる展示会、発表会、内見会などに最適な空間です。日本庭園の四季の移ろいが催しを華やかに演出いたします。

詳細につきましてはお問い合わせください。

ギオンコーナー

舞台と客席がひとつになるのに最適なサイズと言われる200名収容のスペースです。夜は7つの伝統芸能がひとつの舞台で鑑賞できる伝統芸能館の一面をもっています。時には趣向を変えて、祇園での舞台はいかがでしょう。

詳細につきましてはお問い合わせください。

弥栄駐車場

繁華街、花見小路に接した便利な駐車場です。お気軽にご利用ください。(収容台数:約40台)

弥栄駐車場
駐車料金
通 常
8:00〜23:00
250円/30分
夜 間
23:00〜8:00
100円/30分
大型バス 2,000円/1時間
都をどり期間中3,000円/1公演

大型バスは通行許可証が必要です。詳しくはお問い合わせください。TEL.075-561-1115